短時間オナニーの改善が早漏防止に役立つ

早漏の原因の一つとして考えられているのが、短時間のオナニーだといわれています。男性であれば誰でもオナニーをする習慣があると思うのですが、その際に力任せに刺激してすぐに終わりにしてしまうという習慣が早漏となる原因なのです。

何事も習慣になると段々とそれが癖になってしまうといいますが、それは男性の射精に関しても同様であり、毎回早く出すような習慣をつけてしまっていると、いざ本番の時にも興奮してしまったら抑えが効かなくなってしまうので早漏となってしまうのです。

よって、改善法としてはオナニーをする際にも早漏のトレーニングだと思って、なるべくじっくりと時間をかけて楽しむということを行うようにします。SEXしかしないという方は別として、自分自身でオナニーをする習慣がある場合には、毎回トレーニングを行い脳は興奮している状態なのにも関わらず、下は冷静にオーがズムには達しないように日々訓練を重ねるようにするといいでしょう。

トレーニングを実施しても、それまで、快感に任せてすぐに発射してしまっていた人などは、すぐに早漏改善の効果を感じることはないと思われますが、半年程度忍耐強く続けていくと少なからずその効果を実感できると思われます。

早漏は一つの癖みたいなものです。利き腕の癖を改善するのにはものすごい時間がかかるのと一緒で、早漏の癖も改善ためには時間がかかります。しかし、必ず癖は改善できますので諦めずに続けて行くことが求められます。