仮性包茎の人は要注意!早漏が改善する最も効果的な方法とは?

そもそも、早漏の人に共通する大きな特徴は
日常的に皮が亀頭を覆っている仮性包茎が圧倒的に多いということです。

早漏改善には亀頭の刺激に対する耐性強化が必要ですが、
仮性包茎の人が本番中のみ亀頭を露出してセックスをすると、
刺激が強すぎ、射精が早くなる傾向が強いです。

仮性包茎を治すのは難しいと諦めている方も多いようですが、
本来、勃起して剥ける仮性包茎は少しの努力ですぐに治せます。

まずはよく言われる通り向き癖をつける必要がありますが、
向き癖を付けても、しばらくすると皮が被ってしまう人も多いようです。
この問題の原因は亀頭が十分な大きさでないことが考えられます。

亀頭が大きければ皮が戻るのを防いでくれます。

仮性包茎の人は手術せずとも亀頭を大きくするれば包茎は治ります。

亀頭を大きくするために必要な2つの習慣

1.皮の上から亀頭を刺激する皮オナニーではなく、しっかり剥いた状態で亀頭を直接刺激するオナニーをすること
2.Lシトルリンなどの血管拡張、血流アップの成分を含んだサプリを日常的に摂取すること

この2つを同時にすることで、必ず亀頭は大きくなります。
私も実践し、半年で見違えるほど大きくなりました。
亀頭が大きくなると、通常時でもそのサイズアップ感は実感でき、皮もしっかり剥けたままの状態を維持できます。

Lシトルリンが配合されているペニス増大サプリでオススメなのが
ヴィトックスαです。
サプリの本場アメリカの大手通販サイトで18週間連続1位の売上を誇ったホンモノのサプリです。

→早漏改善にも効果的なヴィトックスαの詳細はこちら

 

早漏改善にはストップ&スタートトレーニング

早漏を改善するにはちょっとしたトレーニング方法が有効です。
かなり原始的な方法ですが、かなり効果の方があるようなので自信を持っておススメします。

その方法とは、ストップ&スタート法といって、本人又はパートナーに手伝ってもらうなどして、
陰茎を刺激して射精しそうになったら刺激を中止して、
快感が収まってきたらまた刺激を開始してまた射精しそうになったら止めるということを繰り返します。

この方法を行うと、脳が段々と陰茎に対する刺激に慣れてきて、
その慣れが早漏を改善することに繋がっていくのです。

美味しいものを例にとりますと、最初に食べた時には「ものすごく美味しい!」という感動がありますが、
何度も食べているうちにさほど感動を覚えなくなります。
このように、脳は何度も経験することで快感や興奮が緩和されていくのです。

早漏改善トレーニングの注意点

我慢

このトレーニングを行う際には、最後に射精する必要はないので、何度も練習を行うことが出来ます。
最後に射精してしまうと、体力的に何度も練習することが出来なくなってしまうことや、実際の本番の回数にも影響することが考えられますので、
なるべくトレーニング中は射精しないようにしましょう。

実際にどのくらい効果があるのかといいますと、これは一例ですが、
毎回SEXの際は2分以内の早漏だったという人が、このトレーニングを1か月間行った結果、
何と5分10分間持続出来るようになったというケースがあるようです。

このように、人によってはかなり効果を感じている方法なので、試してみる価値は十分にあると思われます。

 

脳内安定が早漏防止のカギ!

早漏を防止する上で最も大事といって過言ではないのが、
脳内神経伝達物質である「セロトニン」の存在です。
セロトニンとは脳内に存在する物質の一つで、主に「精神を安定させる」という働きがあります。
よく精神疾患などの分野で聞かれる名前であり、知っている人は知っていると思います。

このセロトニンがなぜ早漏に関与しているのかといいますと、早漏は快感という感情にブレーキが効かなくなってしまっている状態と考えられ、それ故、我慢できなくなり早期に発射してしまうのであり、セロトニンによってこの感情にブレーキをかけることが出来れば早漏は改善されるのです。

このように、セロトニンは感情にブレーキをかけて暴走を食い止め精神を常に安定させるという働きがあります。このセロトニンが常時脳内にしっかりと常備されていれば、早漏を回避できるということになります。

セロトニンを増やす方法

img_0-1

  • 反復運動
  • 太陽の光を浴びる
  • ストレスを軽減させる
  • トリプトファンを含む食べ物を食べる

反復運動とはウォーキング、食事の時の咀嚼など何でもいいですが、
リズミカルな動きを20分以上繰り返すと分泌が促されるとされています。

なので、日頃よりウォーキングをしたり、よくものを噛んで飲み込むようにする、
ガムをかむ習慣をつけるなどを行うようにするといいでしょう。

次に太陽の光ですが、特に朝日を浴びるようにすると効果的です。

人間は寝ている時はメラトニンという脳内物質が分泌されており、セロトニンと関わりが非常に深い物質だといわれています。

どのように深い関わりがあるのかといいますと、メラトニンとセロトニンは相関性があり、朝になるとセロトニンにバトンタッチされて、セロトニンが朝出初めてから13時間後にメラトニンが分泌されて眠たくなるということが分かっています。

なので、セロトニンをしっかり分泌させるには、朝日を浴びてしっかり分泌を促し、夜はしっかり眠ってメラトニンの分泌を促すということが必要になるのです。

続いてストレスを軽減させるとは、ストレスが多くあるとセロトニンの需要が増えるので、枯渇してしまうことが懸念されるために必要となります。

最後にセロトニンを作り出すトリプトファンを多く摂取することが求められます。
トリプトファンはバナナ、豆乳、牛乳、ヨーグルト、チーズ、アーモンド、赤みの肉、納豆、そば、白米などに多く含まれていますので、積極的に摂取するようにするといいでしょう。

以上、早漏防止にはセロトニンが効果を発揮する理由と対策法になります。

 

精力増大が早漏防止のキーワード

早漏は精力の低下から引き起こされるということが分かっています。人間には固摂作用というものが備わっており、体力や精力が十分に備わっている時には、体に必要な成分をしっかりと保持するという機能が発揮されていますが、体力や精力が低下していると、保持できずに外に漏らすようになってしまいます。

寝汗などもこの範疇に入り、体力が低下していると体から必要な水分が漏れ出してしまっている現象なのです。

精液も以上の固摂作用により漏れ出さないようになっているのですが、体力や精力が不十分だと漏れ出しやすくなり、それが早漏という不快症状を作り出してしまうのです。

なので、改善法としては栄養のあるものをしっかり摂取して、体力・精力を補い維持するということになります。体力・精力を補う食事とは、一般的にいわれるスタミナ食のようにこってりしたものを思い浮かべる方が殆どだと思われますが、実際には食事はバランスが一番大事であり、卵や魚、肉、野菜、豆類、乳製品などに含まれる脂質、魚介類、肉、乳製品、豆類などに含まれるたんぱく質、米、パン、麺類などに含まれる糖質、野菜や果物、キノコ類などに含まれるミネラル、食物繊維、抗酸化物質、ビタミンなどをバランスよく摂取することが大事です。

その上で、亜鉛を多く含む牡蠣やレバー、男性ホルモンの元となる脂質を多く含む肉や卵、ウナギなどを適度に摂取するようにするといいでしょう。

食生活は早漏防止に非常に大事です。しっかりバランスを考えて毎日摂取するように心がけましょう。

 

脳の興奮性を抑えることが早漏防止に役立つ

早漏は脳によって生み出される症状です。というのは、全く同じ男性であっても、理想の女性で思いっきり興奮している時と、あまり好みの女性ではなく興奮度が少ない時とでは、射精に至る時間が全く異なるからです。これは、ペニスだけに伝わる気持ち良さだけが射精に至る時間に関係している訳ではなく、脳の興奮度合も大きく関係しているということの表れだといえます。

よって、普段よりSEXの時になるべく興奮してしまわないような生活習慣を送る必要があります。
人間の脳というのは、イライラや緊張、不安などのストレスが積み重なると、よりストレスを感じやすくなるという傾向があります。よく、仕事がうまくいってなくてストレスを感じている人が、家に帰っても怒ってばかりいるのがその例です。

早漏も脳が過剰に興奮してしまっているが故に引き起こされている症状なので、普段よりストレスレベルを下げておくと過剰な興奮を抑えることが出来ます。

普段の生活で脳の興奮性を増大させてしまうこととして、睡眠不足、過食、偏食、アルコールの過剰摂取、不規則な生活習慣、たばこ、騒音、味の濃いもの・カフェイン・辛いもの・炭酸飲料・甘すぎるものなどの過剰摂取、労働過多、運動不足、ネガティブな精神状態、ストレスなどが挙げられます。

以上以外にも興奮性を高めてしまうことは沢山考えられますが、以上が基本的事項となります。これら要因を普段から気を付けて生活をしていくことで、脳が必要以上に興奮してしまうということがなくなるので、興奮性が原因の早漏を改善することが出来ます。

 

短時間オナニーの改善が早漏防止に役立つ

早漏の原因の一つとして考えられているのが、短時間のオナニーだといわれています。男性であれば誰でもオナニーをする習慣があると思うのですが、その際に力任せに刺激してすぐに終わりにしてしまうという習慣が早漏となる原因なのです。

何事も習慣になると段々とそれが癖になってしまうといいますが、それは男性の射精に関しても同様であり、毎回早く出すような習慣をつけてしまっていると、いざ本番の時にも興奮してしまったら抑えが効かなくなってしまうので早漏となってしまうのです。

よって、改善法としてはオナニーをする際にも早漏のトレーニングだと思って、なるべくじっくりと時間をかけて楽しむということを行うようにします。SEXしかしないという方は別として、自分自身でオナニーをする習慣がある場合には、毎回トレーニングを行い脳は興奮している状態なのにも関わらず、下は冷静にオーがズムには達しないように日々訓練を重ねるようにするといいでしょう。

トレーニングを実施しても、それまで、快感に任せてすぐに発射してしまっていた人などは、すぐに早漏改善の効果を感じることはないと思われますが、半年程度忍耐強く続けていくと少なからずその効果を実感できると思われます。

早漏は一つの癖みたいなものです。利き腕の癖を改善するのにはものすごい時間がかかるのと一緒で、早漏の癖も改善ためには時間がかかります。しかし、必ず癖は改善できますので諦めずに続けて行くことが求められます。

 

日々のトレーニングが早漏改善に効果的

一説によると、早漏は肉体的な問題ではなく、脳などの高次元系の問題が大きく影響しているとされています。これを裏付けるエピソードとして、皆さまも経験あるかと思いますが、神経的にイライラしていたり、長距離の運転で神経が疲れていたりする時には、妙に性的衝動にかられて性欲が亢進するものの、いざプレイしてみるとものすごく早漏でびっくりしたというという時があります。

これは体が疲れていて早漏になってしまったのではなく、脳神経が高ぶっていて、快感刺激を数倍にも感じ取ってしまっている証拠なのです。このような時は早漏になるだけではなく、妙にイライラしたり、いつもは気にならないような些細なことが気になってしまったりします。

よって、早漏の改善には「自分が高ぶっているな」と思った時にはなるべくSEXをしないように心がけ、普段より脳神経の高ぶりに慣れておくということが必要になります。

慣れておくとはどのような事なのかといいますと、人間の脳というのは刺激が全くない生活を送っていると、次第に神経が過敏になり小さな刺激に対しても大きく反応するようになります。よって、普段より適度に神経に刺激を与えて刺激に慣れておくということが必要になるのです。

その刺激になれる方法としては、運動が一番だといわれています。運動は健康にいいだけではなく、脳神経を健全な状態にキープするという効果もあるのです。主に1~2度筋トレやジョギングする程度でも十分に効果があります。